あなたがウサギに出来ること

はじめに うさぎの飼い方 病気 フード通販 診療可能動物病院 ひとりごと 疑問あれこれ
 お薦め本 アレス動物病院 イラスト リンク 通信販売法規表示 E-MAIL

WESTERN TIMOTHY(ウエスタンチモシー)

成分
蛋白質  11.30%
繊維質 25.30%
カルシウム 0.73%
リン 0.34%

コメント
 ウエスタンチモシーはウサギや小動物の健康に必要不可欠な繊維の源です。

 ウエスタンチモシーは高繊維質、低蛋白であり、胃腸の運動能を正常に保つことができます。

 うさぎの健康は繊維質を多く取ることによって保たれるものであり、自由にウサギが食べることができるよう、ケージに充分に入れておくべきでしょう。

 いつも買っているワラの成分を見たことがありますか?
 生後4ヶ月以上たっているのに、いまだにアルファルファを与えていませんか?
 
 ワラなら何でも良いというわけではありません。
 生後4〜6ヶ月を過ぎてくるともうアルファルファのような高蛋白、高カルシウムのワラは逆にウサギにとって負担になってきます。

 大人にとっての主食はチモシーでなくてはならないのです。
 正常な歯の磨耗にはチモシーの硬さが必要です。
 正常な体重の維持にはチモシーの高い繊維質と低い蛋白質が必要です。
 膀胱結石を防ぐためにはチモシーのカルシウムの低さが重要です。

 私達から見ればただの草でも、ウサギにとっては最高の食餌なのです。

 ただ、今まで1度もチモシーを食べたことのないウサギにとっては、いきなりアルファルファからこのチモシーに変えてもなかなか食べてくれないでしょう。
 まずはほんの一掴みのチモシーを今までのワラに混ぜてみてください。
 そこから毎日少しずつ、気長に増やしていき、気がついたらチモシーになっていたというくらいのんびり切り替えていきましょう。

 食わず嫌いなうさぎさんに新しいワラを与えるというのはなかなか気を使うものですが、それだけの価値はあります。

バニーベーシックスの説明
バニーベーシックス・ティーの説明
アルファルファニブルスの説明
ヘイケーキの説明
[戻る]